薪ストーブのガラスの掃除

薪ストーブの灰の除去とあわせてやっておきたいことがガラスの掃除だ。比較的表面温度が低くなって触っても火傷しない程度の80℃以下まで冷えてから行いたい。

専用の薪ストーブ用のガラスクリーナーも市販されているが、そんなのは全く必要ない。手元にあるものだけで全然OKだ。テッシュやキッチンペーパーなどを水で濡らしてきつく絞ってから、薪ストーブの炉内の白い灰をちょこっとつけてやる。それでガラスを拭いてやると簡単に曇りや煤やタールが取れる。

私の薪ストーブの場合は煤で黒くなることはないが、数日焚いていると少しずつ白い曇りがついてきてしまう。黒い煤は一時的についても高温で焚いてやると焼けきれてなくなってしまうが、この白い曇りはなかなか消えてくれない。これはいったい何なんだろうと思う。舞い上がった灰の成分と、薪から蒸発した水分が結びついているのかもしれないが正体不明だ。

ガラスが曇って炎が見えないのは気分良くないので、灰の除去と併せて掃除している。

簡単に面白いように落ちるので、こうして子供でもできる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする