新築時に薪ストーブを導入した家を訪問

新築時に最初から薪ストーブを導入する前提で設計すると理想的な配置ができる。家や部屋の中心、中央部分に配置すると家全体を効率良く温めることができる。

煙突は壁から抜かずにストレートに屋根から立ち上げるとスムーズな排煙ができるので効率よく理想的な燃焼が期待できる。煤の付着も少ないので煙突掃除などのメンテナンスの頻度も下げられる。

高い天井の上部にはシーリングファンも設置されていて薪ストーブで温められて立ち上がった暖気を家中に循環させてくれるようになっている。ラウンドフォルムの天井と立派な梁が特徴のリビングだ。

玄関では焚きつけの薪とスチールのチェーンソーが迎えてくれた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする