木の皮だけでの焚きつけ

薪割りしていると木の皮がはがれることがある。それを集めて乾燥させておいた。
その木の皮だけ主に使って焚きつけしてみた。
炉内を観察すると一応、炎は上がる。細い薪を使うよりも煙は多めな印象だった。燃えた後はしっかりと熾き火になって長時間燃えてくれるので、次に投入する細めの薪へ火をまわすことも十分に可能だ。
しかし、屋外に出て煙突からの煙を確認するとあり得ないくらいすごい白い煙がモクモク状態だった。木の皮だけだと板状になっていて空気の流れを遮断しがちなので不完全燃焼しがちのようだ。

かわはら薪ストーブは全国

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする