鳥が入らず、煤もつまりにくい優れた煙突トップ

よく「薪ストーブの煙突に鳥が入る」という話を聞く。それを防ぐために金網をかぶせたりする対策をしている人もいるみたいだけど、それだと煤が詰まりやすくなるというデメリットもある。
「煙突からバタバタ音がして薪ストーブを開けたら鳥が出てきた」「鳥の死骸を撤去」「焼き鳥作成」などと引き換えに煙突掃除しなくて良いというメリットと考えるのであれば、金網をつける必要はないので、基本的には鳥が入らない方が良いのだろう。
メトスの煙突のトップは排気部分がスリット状になっていて、鳥が入る空間が、もともとない。スリット状だと狭くて狭くて煤が詰まりやすいかということ、そういうこともなく絶妙な間隔になっていて、鳥が入らず、なおかつ排気の流速が確保されてという設計になっている。このため、鳥も入らず、煤が詰まることもないという優れた製品なのだ。
「性能が良い」「精度が良くて取り付け取り外しの時に安心感がある」「ハゼ折りではなく溶接仕上げで耐久性がある」などは言うまでもないけど、こういう細かなところまで配慮されているのが日本製品の良いところだと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする