本日販売以降の一部の薪ストーブに木材利用ポイントがつく(期間限定)

林野庁では、木質製品の利用促進のために予算をとって「木材利用ポイント」というのを、この7月1日から来年3月31日までの期間限定で実施している。
190_85.jpg
詳細は上記の公式サイトを見てもらうにして、簡単に解説と注意を書いておこう。
予算がなくなるまでで、無制限にいつまでも続くわけではない。たまたま購入のタイミングが合って、なおかつ機種が対象のものであれば早めに申請してみよう。
全ての薪ストーブやペレットストーブが対象になるわけではなく、事前に各メーカーが申請して林野庁が認可した対象機種のみであるので気をつけよう。具体的に例を挙げればメトスの取り扱い製品であれば以下の製品のみ該当している。
アストロライン
2180CBCC
360CB3
ビンテージ
640CB
760CB
これ以外のコンツーラとか、ピキャンとか、ドブレで言えば私のイチオシの700SLなどはリストに入っていない。他メーカーも含めて対象機種はこちらのページで検索できる。
ポイントがもらえるということだけど、基本はこれまた林野庁があらかじめ募集した農林水産物の供給業者が用意した商品やサービスが数万円分がもらえるということで、現金引換え(キャッシュバック)ではない。補助金とは違って、木材利用ポイントがつくから経済的に助かるとかいうものではなく、実効性があるかないかは疑問だけど、対象リストに掲載されている薪ストーブやペレットストーブを本日以降に購入したら申請してみよう。基本的には薪ストーブ販売店ではなく消費者が直接申請するものだ。(領収書原本や身分証コピーなどが必要)
ブログ村ランキング:オリジナルバナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. えちぢ より:

    こんばんは。
    いよいよ明日地鎮祭となりました!
    薪ストーブはポイント付くんですね。
    何だか木材ポイントはいまいち分かりにくいですね^^;

  2. かわはら より:

    えちぢさま:
    いよいよ具体的に動き出しましたね。これから実際に工事がはじまると早いですよ。
    木材利用ポイントはお役人さんが考え出したものですから、我々庶民には理解しがたいですねぇ。