ファイヤーバードはショボかった・・・

ファイヤーサイド社からファイヤーバードという火ばさみが発売された。今回、富士宮のゆで落花生さんのところでの薪ストーブ設置コンサルの際に同時に注文いただいたので、持参した際にチェックしてみた。
resize2156.jpg
実際に自分の手で触ってみたら、思ったよりショボかった。値段に見合った満足感が得られるかどうかは微妙な印象だ。
resize2158.jpg
先端の穴が目のようで鳥をイメージして作られた感じ
確かに先っぽの尖がっているところで熾き火を砕いたり、薪を引っ掛けてずらしたりするのには便利だけど、このことは普通のキャンプ用や料理用のトングでもできる。何よりもバネの部分が柔らかくてブレる感じがして、剛性感やしっかり感じがなく、安っぽい感触なのが残念な感じだ。先端の爪の部分がかっちりかみ合ってくれるだけでもだいぶ満足度が違うだろうと思うのだが、この部分が微妙にずれてしまって、精度が感じられない。
ファイヤーサイド社取り扱いの薪ストーブのドアの開閉レバーの精度の悪さが気にならない人だったら問題ないのかもしれないけど、個人的には金額に見合うほどの欲しいという商品ではなかった。
ご本人によるブログの記事はこちら(3投稿)
ファイヤーバードの価値
※私が下の写真を撮影している貴重なショットが掲載されています
ファイヤーバードはトップローディング専用ツール
※この製品の本来の使い道の解説が書かれています
ファイヤーバードは「2cmの薪」と「5cmの熾き」まで
※取り扱い説明書の丁寧な解説と、ユニークな視点での感想が書かれています
resize2157.jpg
実際に750GMの炉内の薪をいじってみて評価した
奥の薪を手前に引き出す時は、ひっかけることができるので使い勝手が良かった。
ブログ村ランキング:オリジナルバナー
12月17日(昨日)のデータ
■クリック数  43(7.1%)
■アクセス数 602

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ゆで落花生 より:

    自分のブログでも、もう少ししたら記事にしますが、かわはらさんと同様の感想を持っています。
    ポールさんが書いていた、「握力の弱い女性でも簡単に扱える」ということと、グニャグニャの操作感とは全く違うものとは思いますけれども・・・
    と、いうか、まず「カチッとした」商品を出した後に、女性向けを出すべきなのではないでしょうか。マーケットを見たって、圧倒的に男性が多いわけですから。
    正直、この商品には期待していた分、ガッカリしましたし、ファイヤーサイド社で商品を選ぶときには、カタログ表記の5割引きくらいの性能で考えなければならない、と肝に銘じました。
    (あくまで、個人の感想です)

  2. かわはら より:

    ゆで落花生さま:
    オーナーからの率直な感想もありがとうございます。
    人それぞれに価値観や感性が違うので、これはこれで良い商品だと思える人もいるのかもしれないですねぇ。

  3. ゆで落花生 より:

    極悪インプレをするクレーマーと思われてもイヤなので、少々補足。
    結局、ファイヤーサイド社で取り扱っているアンコールやデファイアントなどのトップローディング機種向けに作られたモノだ、ということではないでしょうか。
    つまり、正面扉からの作業は、薪をつついたり、燃えた薪を移動させたりするくらいの軽微なものが主体で、太い薪をそこから投入するということは最初から想定していなくて、そういう場合はトップから入れるのが大前提として考えられデザインではないかと思います。
    トップから入れる動作を考えると、このファイヤーバードは良く考えられていると思います。実際に、そのような体勢だと、太い薪もとても楽に扱うことが出来ます。

  4. かわはら より:

    ゆで落花生さま:
    フォローのコメントをありがとうございます。
    おっしゃる通りかもしれないですねぇ。

  5. pnbsiva より:

    いつも楽しくブログを読ませていただいています。全く同感です。先端が合わないので、これで薪は掴めません。

  6. かわはら より:

    pnbsivaさま:
    ご賛同いただき、ありがとうございます。
    それからブログも楽しく読んでいただいているとのこと、今後ともよろしくお願いします。

  7. ゆで落花生 より:

    いや~、取扱説明書を見た時、本当に我が目を疑いましたよ。
    それで、改めてポール・キャスナー氏のコラム、ファイヤーサイド社の商品紹介、PDFカタログ、もう一度じっくり見てみましたけれども、取扱説明書の注意書きのような記述は一切ないですし。
    まあ、これでファイヤーサイド社から商品を買うことは絶対に無くなりましたね。

  8. かわはら より:

    ゆで落花生さま:
    秀逸なレポートでしたので、リンクで紹介させていただきました。
    今後もブログ更新、楽しみにしています。