二箇所の薪棚の使い分け

メインの薪棚は乾燥用にして、デッキの薪棚は直近で焚く分となっている。部屋の掃き出し窓を開けて、デッキからひょいと焚く薪を取れて、便利で快適なのだ。
resize3836.jpg
左側が乾燥用の薪棚、右側が直近用の薪棚
右側が少なくなってきたら、天気の良い時などに、まとめて左側から移動して積み上げておけば、雨の日も濡れずに薪を取り入れることができる。
★従来から登録中のブログ村ランキング★
ブログ村ランキング:オリジナルバナー
※前日のアクセス数、クリック数(率)のデータ公開は終了しました…..
★楽天人気ブログにも新規登録しました★

薪ストーブ暮らし ブログランキングへ
★FC2ブログランキングにも登録しました★

かわはら薪ストーブは全国

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする