薪棚の制作(屋根&仕上げ編)

骨組みが完成したら、あとは波板を打ち付けていくだけだ。屋根上に手が届く、十分な高さの脚立を使って作業するのと安全かつ確実にできる。ビスを打つ場所は波の頂点で、下地に木がある部分だ。波のくぼみに打つと、そこから雨水が流れ込んでしまうので注意しよう。
resize2581_20160205171355b79.jpg
木枠に波板を波板ビスで固定していく
resize2579.jpg
ラックの左右に金網を針金で固定して、短い薪を無造作に積んでも枠から外れて落ちないようにした
resize2583_201602051714013ee.jpg
こんな感じで枠で支えきれない薪も金網で受けて、転落しないので薪を積むのに神経を遣わずに済む
resize2584_201602051714004a2.jpg
まずは1立米入れる(1立米で1.5スパンの収納量)
resize2582_20160205171359693.jpg
もう1立米追加で合計2立米ぴったり収納。薪が入ると見栄えが良い
気になる材料代は、ログラック、コンクリートブロック、防腐剤浸透の材木、波板などフルセットでトータルで5万円程度だった。
ブログ村ランキング:オリジナルバナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする