ドブレ アストロライン 焚き方レクチャー

「(通販で購入した薪を焚くと)ガラスが煤けて温度が上がらない」ということだったので、私が持って行った薪を焚いて、試してみた。
全く問題なくスムーズに立ち上がって、ガラスも煤けることなく綺麗な炎が楽しめた。
resize0254_201701281621587c6.jpg
ガッツリ炉内に薪を積めて、上から着火方式で火を入れる
resize0253_20170128162204ee4.jpg
少しづつ中段の薪へ燃え広がっていく
resize0252_20170128162204f46.jpg
下段の太い薪まで炎が回った
この状態になるまでは空気を絞らず全開で、薪を大量に投入して、ガンガン焚くのがポイントなのだ。最初の焚き付け材が崩れて、追加薪を投入してからも、しばらくはガンガン燃やす。
炉内が十分に高温になってから(バーミキュライトに付着した黒い煤が焼き切れて白くなってくるのが目安)、初めて空気調整を行う。その際も、一次燃焼の空気は全閉にしないで、適度に炎が立ち上がる状態を維持させる。その後、二次燃焼の空気レバーで最終的な火力調整を行う。
resize0250_201701281621594a6.jpg
天板の温度が200℃を超えたら空気調整して、二次燃焼モードに切り替える
resize0251_20170128162200f2a.jpg
基礎からコンクリートを立ち上げた炉台と炉壁は、物凄いインパクトだった
この物件は薪ストーブ屋さんのデザインではなく、建築家のこだわりで決まったそうだ。そのため、取り扱い説明は受けていなかったらしく、施主さんは説明書を見て頑張ったけど、上手くいかなかったそうだ。お客さんの言うように、取り扱い説明書を読んだだけで、きちんと焚きこなすのは難しいと思う。実際に現場でレクチャーを受けた方が良いので、今回呼んでもらって、正しい使い方を伝授できて良かった。
これまでは薪を炉内目いっぱいいれずに、1本か2本をチマチマ燃やしていたようで、温度が上がっていなかったようだ。購入した通販の薪を投入すると、温度が上がってからでもガラスが煤ける傾向にあったので、それは来シーズン焚いてもらうことにして、私の持参した薪を優先して今シーズンは焚いてもらうことにした。
ブログ村ランキング:オリジナルバナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. うさぎ より:

    建築家さんらしい中々見事なデザイン(少しアストロラインとのバランスは?でSKaN68とか薦めればgood)だと思います。川原さんと建築家はお互いの強味を補強しあいコラボレーションしては如何?

  2. かわはら より:

    うさぎさま:
    コラボしてくれる建築家さんは大歓迎です。全国どこの現場でも対応します!
    遠距離の場合は飛行機で飛んでいきます。https://www.youtube.com/watch?v=z6WDPXJz8b4

  3. 薪よう子 より:

    これだけ立派な炉壁にはスキャンの大型85シリーズか、モルソーの縦型クッキングストーブも似合いますよ。

  4. かわはら より:

    薪よう子さま:
    同感です。ぜひ、設計の先生方には取り入れて欲しいですねぇ。
    私だっら、このRの炉壁に合わせて提案すると思います。既にスキャン85シリーズは施工実績もあります。
    http://kawahara1967.blog93.fc2.com/blog-entry-1606.html