二階が暑くなり過ぎないようにする工夫

吹き抜けの大空間に薪ストーブを設置する場合、何の対策も取らないと「二階だけ暑くて、薪ストーブを設置している一階リビングは、うすら寒い」という現象が発生することもある。
DSC_6769_00001.jpg
設置が無事に終わった国産の鋳物製の薪ストーブ 岡本 AGNI-CC
DSC_6770_00001.jpg
吹き抜けの上部へのシーリングファン設置は必須
DSC_6773_00001.jpg
二階居室へ、吹き抜けへの室内窓をつけて暖気をコントロール
DSC_6772_00001.jpg
二階居室の室内窓から見下ろした光景
二階が寒い時は窓を開いて吹き抜け上部に溜まった薪ストーブの熱を積極的に取り入れて、暑くなったら閉めるという使い方ができる。
十分に広い炉台、そして広い土間空間のあるリビングに設置した薪ストーブは、この冬から快適に施主さんの家族を温めることだろう。次回、取り扱い説明で訪問するのが楽しみだ♪

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

かわはら薪ストーブは全国

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. うさぎ より:

    改めて素晴らしいジャパンクオリティーですねぇ  欲しくなる!

  2. かわはら より:

    うさぎさま:
    薪ストーブ本体も、煙突も、国産で精度が良く高性能で、満足度の高い逸品だと思います。