千葉のショールームのデモ機の「アスペクト5」を、茨城県のお客様宅へ移設

DSC_2150.jpg
天井の煙突貫通部分に煙突が降りてきたところ
この後、金具に煙突を取り付けて固定する
DSC_2152.jpg
化粧板で貫通部分をふさいでから、煙突を下ろしてきて、かわはら式耐震煙突固定法の金具を取り付ける

「かわはら式耐震煙突固定法」の詳細はこちら

かわはら薪ストーブ本舗で「メンテナンス性」と並び重視していることが、「耐震性」です。 薪ストーブ使用時に地震が…

DSC_2157.jpg
薪ストーブ本体を設置後、ただちに火入れ&取り扱い説明に入る
建物の構造上からの制約もあるものの、今回の現場は炉台のど真ん中に薪ストーブを配置していない。その気になれば煙突を途中で折り曲げれば、どうにでもなるのだけど、敢えて片側に思い切って寄せてある。このことで、炉台を有効に広く、薪ストーブ関連の物を置くができる。革手手袋、灰取りバケツ、ヒバサミ、五徳、ダッチオーブンなど、実際に薪ストーブを使うと様々なグッズが必要になるが、炉台中央に薪ストーブを配置すると、どっちつかずで物を置きにくくなって、使い勝手がいまいちになってしまうことが多い。
DSC_2154.jpg
抜けの良い縦型ストーブならではの「昇り龍式焚きつけ」(※)でスタートした
※薪を縦に炉内目いっぱいに立てかけて、中心部に細目の焚きつけを入れて、そこに火をつけると中心部から周辺部に向かって、スムーズに燃え広がっていく
十分に広く面積を確保して、フローリングより少しだけレベルを下げて木くずや灰がフローリングに散らないようにしているのはもちろん、敢えて薪ストーブ本体を中心に置かずに寄せている。道具や薪を置いたら、その効果が解るだろう。経験のない設計士や工務店だと、こういうふうにはならなくて、薪ストーブがギリギリ置ける小さな炉台になりがちだ。
この現場は、新築住宅で、設計時からコンサルしていた。薪ストーブの本体も最初は、背の低い別の機種を予定していたけど、かわはら薪ストーブ本舗のショールームのアスペクト5のデモ機の格安での売却告知のタイミングで声をかけてもらって、機種変更になった。結果的に、背の高い炉壁にぴったりマッチして絶妙な形で納まった。
DSC_2165.jpg
お土産にいただいた、茨城県の芋焼酎の飲み比べセットをショールームの薪ストーブに火を入れて飲んだ
ノーマルのサツマイモと、紅あずまで作った焼酎の二種類と、微妙な味と香りの違いを楽しめるような配慮がうれしかった。
オツマミは、天板で焼いた焼き芋と、芋尽くし♪

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする