薪ストーブのオーブン室の温度調整の方法

ヒミエルストーブのオーブン室は扉を閉めておくと300℃以上まで余裕で上がる。しかし、その状態での調理は、食材によっては、焦がしてしまうこともある。
薪ストーブのオーブン室は、ガスや電気のオーブンとは違ってデジタル表示で温度をワンタッチで調整はできない。温度調整は、原始的に、扉を開いて行う。
DSC_0725_00001.jpg
オーブン室の温度は扉の開度で調整する
DSC_0726_00001.jpg
今回は、いつもより低めの200℃前後で調理してみた
DSC_0731_00001.jpg
野菜は柔らかくなったけど、もう少し高めの温度で焦げ目をつけた方が美味しそうな感じ

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする