ドブレ640WD/760WDの焚き方のコツ

モデルチェンジされたドブレの薪ストーブ640WD/760WDは、炉の底がワッフルみたいな形状になっていて、適量の灰を、格子の高さによって簡単に残すことができるようになっている。焚く前にその量まで灰を除去することが良好な燃焼のコツだ。

640WDの炉底の空気供給穴

薪ストーブを連続稼働させている今の時期は、ついつい灰の除去を怠って、炉内に大量の灰をため込みがちだけど、そうすると、良いことない。熾火が残りやすいという反論もあるだろうけど、そもそも、炉内に投入できる薪の量が激減して、熾火を残すための原材料が少なくなるし、本来の空気の流れを灰が阻害するので、燃え方が今一つになる。

これはドブレ640WD/760WDに限らず、他のメーカーの機種でも概ね同じことが言える。炉の底の灰は2-3センチの厚みが適量で、それ以上溜めるのはマイナスだ。

ぜひとも、焚く前に灰を適量まで撤去して、ついでにティッシュペーパーを水で濡らして、灰をつけてガラスを軽く拭いてやろう。その二つの手間をかけるだけで、薪ストーブの炎が劇的に変わる。

炉の底からの空気の流れがあると立ち上がりがスムーズ

ある程度温度が上がって、空気調整した状態

1レバーになって旧モデルよりも操作は簡単になって、初心者にも扱いやすいと思う。

レバーの形状も空気の大小がイメージしやすいし、調整幅も大きく解りやすく操作しやすい

絞る時の空気調整のレバーの位置は、一概に真ん中辺りということではなく、炉内の炎の様子を見ながら、炉内が暗くなりすぎないように適度な位置にするのがポイントだ。その時の熾火の量、薪の太さ、形状、乾燥具合などによって、常に違う。

↓ 画像クリック(タップ)で応援をお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする