強い火力で炉内で炒め物をする時はダッチオーブンの鉄鍋を使用

先日の弱い熾火の時の無水調理ならばSTAUBでもいけると書いた。基本的にSTAUB鍋は弱火専用だ。(ガスやIHで使用する時も同様)

天板の温度が低い時には炉内を使う
これからの季節、薪ストーブの稼働時間が短くなってくる。 炉内でガンガン焚き続けている時には天板の上に鍋を乗せて調理ができるけど、鎮火に...

野菜炒めのような強い火力が要求される料理には普通の鉄鍋が適している。

野菜炒めは高温で作るのが美味しい

炉内に入れたままだと、混ぜにくいので、取り出してから混ぜる

鉄鍋だと蓄熱してくれているので、炉内から取り出してもしばらくは食材に加熱し続けることができる。良い音がしてきたら取り出して混ぜる。音が弱くなったら再び炉内に投入ということを数回やれば野菜炒めの完成だ。

あらかじめ、別に炒めておいた、キノコと肉を戻して混ぜて完成

↓ 画像クリック(タップ)で応援をお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする