長野県の山ノ内町まで薪の仕入れに行ってきた

「自分で作った薪を売却したい」という話があったので、長野県の山ノ内町まで行ってきた。

標高2200メートルの日本で標高の一番高い国道を通っていく

小型トラックで薪の仕入れに行ってきた

帰りの峠道で一休み

北軽井沢からだと志賀高原経由で70キロほどの距離で、それほど遠くはないけど、峠道を通るので片道2時間コースだ。往復の時間と、積み込み、荷下ろしの時間を考えると、一日仕事となる。

とりあえず様子見で試験的に、行ってきたけど、全部で9立米位あったので、1回の往復で最大積載量の750キロ(1.5立米)積んだとしても6往復必要になる。薪ストーブ設置工事や煙突掃除などで忙しいこの時期に、それだけの日数をかけるのは合理的ではない。

運送業者に依頼して一回で運んでもらった方が良いと判断した。ジモティで募集をかけたら、早速動いてくれる業者さんが見つかった。

【ジモティー】【仕事内容】※輸送元の薪5立米を積み込み(薪棚に車を横付けからの手積み)※輸送先にダンプ降ろし(または投げおろし)【輸送元】長野県下高井郡山… (かわはら) 下高井の配送の無料求人広告・アルバイト・バイト募集情報|ジモティー

打ち合わせの結果、19日(日)に運んでもらうことになった。

↓ 画像クリック(タップ)で応援をお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. おぼう より:

    「志賀高原経由で70キロほど」というと、渋峠経由でしょうか。
    冬に通れなくなるあの私をスキーに~の道ですね。
    冬だと上信越道まわるので距離も費用も多く掛かっちゃいますね。