太い煙突だから煤が多いわけではない

薪ストーブ本体を設置した後に上に積み上げていったようで、スライド煙突なしの施工。煙突は外せないので、薪ストーブの入れ替えの際には、チムニートップから、全部バラしていかないとならず、工事も大変だと思う。薪ストーブの入れ替えのことは全く考慮されてない施工だ。

煙突掃除の際も、炉内のバッフル板が外せる構造だったから良かったけど、外せない構造のものだったら、掃除もできずにアウトだ。

半端ない太さの煙突

分厚い断熱材が入っている極太の断熱煙突だ。普段はなかなか見かけないサイズだ。通常使っている二重断熱煙突より、はるかに性能が良い。

初めて見る薪ストーブメーカーだった

煤の量も半端じゃなかった

煙突掃除をしたのが2年ぶりと言っていたけど、出てきた煤の量に驚いた。炉内が半分位煤で埋まって、扉を開けたら煤が零れ落ちてくる状況だった。

これは毎年必ずやらないとならないレベルだ。

煙突が太いから、それだけたくさんの煤がたまるということではなく、焚き方や樹種の問題だと思う。冬になって本格的に薪ストーブを使うようになったら、一度レクチャーした方が良いと思った。

煙突掃除が終わったらワンちゃんが定位置を陣取る

↓ 画像クリック(タップ)で応援をお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする