氷点下8℃の大晦日は、2台の薪ストーブが大活躍して室温28℃。薪ストーブ料理が本年最後のディナー。

外気温は氷点下8℃で雪が積もる北軽井沢の大晦日の夜。

店の中の室温は、ショールームではアルテックのソープストーン製の薪ストーブ グランデノーブルデポを、バックヤードではヒミエルストーブと、2台の薪ストーブをフル稼働して28℃になっている。外気温プラス30℃の温度差で、Tシャツと短パンで過ごしている。ちなみに、この状況だと、温泉かサウナに入って、ととのっているような感覚で、薪を取りに外に出る時も、Tシャツと短パンでも全く問題ない。

マグロのカマと美味しい日本酒をいたいだたので、薪ストーブのオーブン室で調理した。弱めの熾火であれば炉内調理もありなのだけど、ガンガン薪ストーブを焚いている状況だと、オーブン付きのクッキングストーブがぴったりだ。

ヒミエルストーブのオーブン室にマグロのカマを投入

時々様子を見ながら45分程度オーブン室で加熱

いい感じで焼きあがった

絶妙な火入れができた

日本酒との相性抜群

↓ 画像クリック(タップ)で応援をお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする