チムニー作成の初日

チムニー作成の初日は、まずはお客さまの希望する位置に煙突芯を設定できるか、目視確認した。火打ちからも最低限の余裕はあるので、問題なさそうだった。

そこれで、レーザーを使ってサクっと墨出しして、煙突芯の位置をどんどん上方向へ移していき、最終的に野地板へその位置を移す。

薪ストーブ設置位置から煙突芯の位置で二階床に穴を開ける

煙突芯の位置を野地板に移す

リフォーム中の工務店が作成した煙突貫通穴と、今回新たに作成する煙突貫通穴の位置関係がわかる。

天井の煙突貫通部分の開口の補強

瓦を撤去して野地板開口

チムニー内壁のケイカル下地のベニヤの箱を入れ込む

この仕様だと、煙突貫通部分になるベニヤ箱の内側にケイカルを打ち付けるので、内装壁面のどこにでもビスが効くので、取り付け金具の位置の制限がなく安心して施工できる。

続いてチムニー外壁下地の作成

とりあえず、初日はこのあたりまで。チムニー天端をベニヤでふさいで、防水紙を巻いて、多少の雨が降っても雨漏れしない状況にして撤収。

↓ 画像クリック(タップ)で応援をお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする