囲いフラッシングでの施工(フラッシングと煙突の取り合い部分の処理)

囲いフラッシングでの施工は、フラッシングと煙突の取り合い部分が弱点だ。この部分の防水処理の経年劣化で室内側への雨水の侵入のリスクがある。10年位は問題ないけど、20-30年のスパンで考えると、この部分から雨が入る可能性は否めない。

毎年の煙突掃除のメンテナンスの際に、目視確認して、必要に応じて、煙突とフラッシングの取り合い部分の防水処理をやり直すことをお勧めする。

実際の施工時のクロースアップの写真を見ると、よく解ると思う。

断熱材の敷き込み

囲いフラッシングのカバーと煙突の取り合い部分の隙間

一説には、この部分は塞がずに、チムニー内の熱を排出するために開けたままにするという言い伝えもある。しかし、そもそもチムニー内が排熱しないとならないほど熱くなるとは思えず、また暴風雨の時に下部から巻き上げた風雨が室内側に侵入するデメリットの方が大きいと判断して、私はこの部分の隙間も処理して、ストームカラーと二重の防水をしている。

ブチルゴムの防水テープで処理

ストームカラーを上から被せて、さらにブチルゴムの防水テープで二重に処理

囲いフラッシングでの屋外側の施工完了

↓ 画像クリック(タップ)で応援をお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています

かわはら薪ストーブは全国
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク