炎がある豊かな暮らしを、あなたに。

ストーブで淹れる「別格のコーヒー」

いつもと同じ豆でも、薪ストーブの天板で沸かしたお湯で作るのと、ガスコンロやIHで沸かしたお湯で作るのでは、淹れたコーヒーの味は明らかに違う。

それだけ聞くとオカルトみたいだけど、多分、多くの人はそう実感するだろう。科学的に説明すれば、同じ温度でも水に対する熱の伝わり方、分子の振動レベルが違うのだと思う。

究極の美味しさを追及するために、淹れ方にもこだわりたい。コーヒー豆の味と香りを引き出す、美味しい入れ方をレポートした。以下のFBのかわはら薪ストーブ本舗のアルバムをチェック!

1.タイトル
お湯を沸かす
天板にヤカンを載せ、お湯を沸かします。
2.ハンドミルで豆を挽く
ハンドミルで豆を挽く
ハンドミルで、ゆっくりと丁寧に、香りが飛ばないように豆を挽きます。
3.細かい粉を飛ばす
細かい粉を飛ばす
挽けたらボールに粉を開け、軽く振って雑味が出る細かな粉を飛ばします。

4.淹れる
コーヒーを淹れる
沸かしたお湯でコーヒーを淹れます。
粉の蒸らし方とお湯の注ぎ方がポイントです。
5.コーヒーの淹れ方をレクチャーします
ストーブの前で飲むコーヒーは最高
丁寧に淹れたコーヒーを、そのお湯を沸かした薪ストーブの前で飲むのは最高です。

かわはら薪ストーブ本舗では、ご希望される方に本当に美味しいコーヒーの淹れ方をレクチャーいたします。

ご遠慮無くお伝え下さい。

薪ストーブの焚き方や使い方のレクチャーはもちろん、このような使いこなしまで含め当店はトータルでフォローいたします。


薪ストーブの焚き方も活用の仕方も、紙やネットの情報だけで習得するのは困難です。

実際に実体験され、身体で感じることが使いこなしの近道です。

ご来店前には電話・メールでのご予約をお願いいたします。 TEL 090-3594-9210 不定休/営業時間 午前10時から午後8時まで

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © かわはら薪ストーブ本舗 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.