メーカーカタログや実際に提出された見積もりを見て、煙突の価格が薪ストーブより高いことにびっくりしている人も多いでしょう。

“煙突なんてただのパイプで屋外に抜けていればいいのではないか”
と考えている人も多いかと思います。

一度も薪ストーブを使ったことのない人はそう思っていたとしても無理はありません。

実際、同じ暖房器具である石油ストーブやガスストーブの煙突はパイプ状のシンプルなものですが正常に機能しています。

昔のダルマストーブもそんな感じでしたよね。

日本瓦への煙突チムニーの造作例 洋瓦への煙突フラッシング取り付け例 夕焼けに映える煙突 屋内煙突工事中 板金屋さん作成の見事なフラッシング 古民家、日本家屋への煙突取り付け例

しかし、こと薪ストーブに限りますと煙突の性能は極めて重要です。

どのくらい重要かと申しますと、「薪ストーブ機種の選択」よりも「煙突メーカーの選択」「煙突経路の選択」で悩んだ方が良いくらい重要です。

むしろ”薪ストーブの性能は煙突で決まってしまう”、と言っても決して過言ではありません。

例えば、どんな高性能な薪ストーブでも「横引き」を長くしたり「シングル煙突」を繋ぐとその性能を充分に発揮することができません。

逆に単純な薪ストーブ、例えばホームセンターで販売されているような安価なものに高性能の煙突を繋ぎ最適な排気経路を設定すれば素晴らしい燃焼をします。

私はホームセンターの安価なストーブにシングル煙突や二重煙突を繋いで実際に使用してその違いを体感していますので、ストーブより煙突を重視すべきだと断言できます。

ではなぜ煙突がここまで重要なのでしょうか。

それは薪ストーブが暖かくなる仕組みを考えていただければご理解頂けると思います。

薪ストーブは他の暖房器具とは違い、電動ファンなどで強制的に燃焼用の空気を送り込んでいるわけではありません。

薪ストーブは「気密性がある鉄の箱」に入っている木を燃焼させているだけです。

つまり

「煙突から排気したのと同じ量の空気」

が、ストーブの「空気取り入れ口」から炉内に引き入れられ燃焼しているだけなのです。

しかし暖炉や焚き火のように周囲にいくらでもある空気を使って燃焼しているわけではありません。

まず、お伝えした通り充分な空気をストーブに取り入れるには同じく充分な量の空気を煙突から排気する必要があります。

そのためには煙突内に強い上昇気流(ドラフト)を発生させる必要があります。

どうすれば強い上昇気流が生まれるのでしょうか。

それはとてもシンプルですが、「煙突から外に排出される空気を高い温度に保ってあげれば」良いのです。

薪ストーブから排出される高温の空気は強い上昇気流により勢いよく外に排出されます。

そして同じ量の空気がストーブ内へ勢いよく取り込まれ、薪ストーブは効率的に燃焼するのです。

スムーズな排気と吸気による効率的な燃焼サイクルを作るにはどうすればいいでしょう。

二重断熱煙突を使えばいいのです。
シングル煙突を使うと、ストーブから出た高温の排気が煙突を通るあいだに冷えてしまいます。

そして煙突に熱を奪われた排気は強く上昇する力を失います。

必然的にストーブに取り込まれる空気もその勢いを削がれます。

結果、排気も吸気も弱く燃え方がイマイチ、という悪循環のサイクルに陥りがちなのです。

シングル煙突から発散される(逃げる)熱は家を暖めるから問題ない、とは良く聞く意見です。

しかしちょっと待ってください。
開発が重ねられ高性能化している現代の薪ストーブは、当然ですがストーブ本体から充分な熱を発する設計をされています。

ですので、煙突からの熱を暖房用に回収する必要はありません。

例えば薪ストーブの背面に接続した煙突をすぐに壁から抜き、屋外で煙突を立ち上げるとします。

室内にはほとんど煙突がない状態になりますが、当然ストーブは充分な暖房をしてくれます。

もし煙突から出る熱を補助的に利用しないと家が暖まらないのであれば、それはあなたが家にマッチしない薪ストーブを選んでしまったということでしょう。

当店では住宅の性能を見極めた機種をお客様の好みとご予算に合わせ提案をさせて頂いております。

もう一つ、高品質な二重煙突を使用することと並んで重要なのは薪ストーブと外を繋ぐ煙突の経路です。

薪ストーブから伸びた煙突が一直線に屋根を突き抜け外に出る。

これが抵抗なくスムーズに排気を外へ運ぶベストな煙突経路なのはご理解頂けるでしょう。

他の煙突経路、たとえば壁から煙突を抜くために折り曲げ箇所を作るとします。

その場合ストーブから勢いよく出た排気はその曲がった部分が排気抵抗になり上昇気流(ドラフト)を弱めてしまうのです。

もちろんこのような経路で煙突を設置されている方も大勢いらっしゃいます。

煙突を曲げる必要がある場合は以下の設計を心がけてください。

  • 横引きする長さを1メートル程度に抑える
  • 横引きした長さの2倍以上、縦に引いてあげる

横引きを最小にしても、排気抵抗によりドラフトの勢いは削がれています。

そこで失った分のドラフトを復活させるため、横引きした長さの2倍以上の煙突を縦に接続してあげるのです。

もうひとつ、煙突工事に際して考慮して置かなければいけないことがあります。

それは建設業者や設計士さんが”煙突を屋根から抜くことに反対する”ことです。

薪ストーブ設置案件をあまり経験されていないのでしょうが、意外とこのケースは多いです。

彼らはなぜ反対するのでしょうか。

それは「屋根から煙突を抜くと雨漏りする」、もしくは「雨漏りのリスクが増える」と考えているからです。

いままで設置工事をさせていただいて反対されたのはほぼすべてこの理由からです。

建築、設計のプロからそう言われると不安を感じられる方もいらっしゃるでしょう。

そのときにお考えいただきたいのは、例えば同じく屋根に穴をあける天窓はどうでしょうか。

最近では当たり前に設置されている天窓ですが、雨漏りする危険があるから設置しない、という意見はあまり聞きません。

天窓と同じく、煙突も正確で丁寧な施工をすれば雨漏りの心配はありません。
信頼のおけるメーカーをお選びになればそのあたりの配慮も充分にされています。

高品質な煙突を使用し、考えられる最適な経路と施工で設置

これを押さえておけば快適な薪ストーブライフを送る準備は整ったと言えるでしょう。

逆にここを疎かにしてしまうと、

  • (高級機でも)暖まりにくい
  • 扉を開くと煙が室内に出てくる
  • 煤が付着しやすいことに依る煙道火災のリスクが高まる

ことも考えられます。

以上のことから、「快適な薪ストーブライフを送るには煙突が極めて重要」であると認識してください。

薪ストーブは後から交換もできますが、煙突はもう一度薪ストーブ工事をするのと同じくらい金銭と時間のコストが掛かります。

良い煙突は一生ものです。

予算がない場合には、まずは煙突だけ施工し、薪ストーブは後日設置するという方法もあります。

ぜひ一度ご相談ください。