住宅地で薪ストーブを使う場合、どうしても気になるのは”煙や臭いが近所の迷惑になっていないか”でしょう。

薪ストーブ導入前に、色々カタログを取り寄せたり、薪ストーブ屋さんに相談してどの薪ストーブが問題なさそうか逡巡されているかもしれません。

「住宅地なら排気が綺麗な触媒機がオススメ」だったり、「二次燃焼だから排気がクリーンですよ」などとアドバイスを貰われたかもしれません。

はっきり申しますと、「煙や臭いの発生しやすさ」と「ストーブの燃焼方式」には何の相対関係もありません。

それはメーカーや機種に関しても同じです。

「煙や臭いが出にくい」特質を備えたメーカーや機種などありません。

薪ストーブを選ぶ際に「なるべく煙や臭いが出にくい機種を」などと考えなくて大丈夫です。

ストーブはご自身が良いと思われたデザインやメーカーの製品をお選びください

煙や臭いの発生量について薪ストーブの種類は関係ないと断言できます。

触媒機や二次燃焼機に関しても、そのシステムが働くためには以下の条件があります。

  • 薪ストーブの温度が充分に上がっていること
  • 炉内にたっぷりと熾き火ができていること

どちらも上記2つの条件を満たさないときは機能いたしません。

温度が冷えている状況ではどんな機種でも必ず煙や煤が発生する。

例えばその日はじめて火を入れる「焚き付け時」を考えてみましょう。

この段階では触媒も二次燃焼もまったく機能していません。
それどころかこの状態で煙を触媒に通そうとすると、触媒が排気抵抗になりさらに煙が発生しやすくなります。

ですので焚き付け時には触媒を通さず煙突に直接燃焼室から排気を迂回させるのです。

触媒機や二次燃焼機のユーザーが近所から苦情をもらってしまうレベルの煙や煤を出し続けている事例も私はたくさん見ています。

「触媒だから」とか、「二次燃焼だから」排気が綺麗で煙や臭いが出ず安心、というのは間違った認識ですので気をつけましょう。

もしそんなことを言う薪ストーブ屋さんがいれば、”自社で取り扱っている製品を売りたいがために言っているのだ”と認識しておきましょう。

繰り返しますが、”近所から苦情をもらわないこと”と”どの薪ストーブを選ぶか”には何の関係もありません。

煙や臭いを出さないためには、

  1. 適切な経路と仕様で煙突を設置する
  2. 乾燥した薪を充分な量用意し使う
  3. 煙や臭いの出にくい焚き方を覚える

この3つのポイントがすべてです。

ストーブから外までを二重断熱煙突で一直線に結ぶこと。

排気抵抗がなければスムーズな燃焼となり煙が出にくくなります。
近隣住宅の迷惑にならない位置に煙突が出ているのかも重要なポイントです。

煙や煤が出ないように高温で完全燃焼させるためには大量の乾燥した薪が必要となります。

割ってから1〜2年乾燥させたものです。

さらに焚きつけ時には細めの薪を用意するなどの工夫も必要となります。

適切な量と質の薪がないと、無意識のうちにチビチビけちけち焚いて温度を上げられず煙や煤を多量に発生させてしまいがちです。

このことから、煙や臭いを出来るだけ抑えるためには「薪ストーブの本体」より「煙突」「薪」「使いこなし」の3つのポイントがはるかに重要だということをご理解いただけましたでしょうか。

近所迷惑防止のためには薪ストーブの性能より薪の性能を重視しましょう。

そして煙を発生させない上手なテクニックを身につけてください。

かわはら薪ストーブ本舗ではお客様の周辺環境にも充分考慮した設計と施工、焚き方のテクニックを提供させていただきます。

ただ、ご理解しておいて頂きたいのは上記条件をクリアし上手に焚けるようになったとしても、木を燃やす薪ストーブは煙や臭いの発生をゼロには出来ない、ということです。

ですので住宅地でご使用になられる場合には、「近所で洗濯物や布団を干している日中は焚きつけをしない」というような配慮も必要となります。

また、焚きつけをする時間帯を早朝や、夕方以降のまわりが活動していない時間帯にするだけでも近隣とのトラブルリスクを抑えることができます。

薪ストーブを日中に使えないということではなく、あくまで「焚きつけの時間帯」をずらすということです。