まずは「煙の出やすさ」について

「触媒機は煙が出ない」「触媒機は燃費が良い」と一般的には言われていますが、実際はどうなのでしょうか?

まず、”煙が出る出ない”は触媒の有る無しに関係はありません。

薪ストーブから煙が発生するのは焚きつけの時、温度が上がっていない時です。

このタイミングでは触媒機であろうと二次燃焼(クリーンバーン)機であろうと、またそういう機構のついていない単純なストーブであろうとすべて同じです。

温度が低い状態ですと触媒も二次燃焼も機能しません。

誤解されがちですが、「触媒」も「二次燃焼」も煙を取る魔法のフィルターではありません。

どちらも炉内が高温になってからはじめて機能します。

温度が低い焚きつけの段階では

「乾燥した薪をしっかり燃やしてやること」

が何より重要です。

つまり煙の発生に関しては「燃焼システムの違い」より「薪の性能の違い(乾燥度合)」が大きく影響します。

煙の発生量について

次に燃費についてご説明いたします。

燃費に関しては「触媒が良い」と言われていますが、二次燃焼機の2〜3倍も燃費が良い訳ではありません。

多めに見積もっても1〜2割程度の違いでしょう。

薪ストーブの燃費は燃焼タイプの違いより、「薪の燃やし方」「空気の送り方」など「ユーザーの使い方」に依るところが大きいのです。

車はアクセル開度や運転の仕方でカタログスペック上の燃費が逆転してしまうことはよくあります。

薪ストーブの燃費もそれと同じです。

結局「触媒機」と「二次燃焼機(クリーンバーン機)」のどちらを選べばいいの?

大きくわけて、「きれいな炎を楽しみたい」なら二次燃焼機(クリーンバーン機)を、燃費を重視されるなら「触媒機」をおすすめしております。

触媒機は

「高温になった触媒で未燃焼ガスを燃やす」

という構造です。

この触媒は目に見えにくい場所についているため、炎をあまり上げない燃焼をします。

いっぽう、二次燃焼機(クリーンバーン機)は炉内に送り込んだ「高温の空気」で未燃焼ガスを燃焼させる構造です。

そのため綺麗な炎を楽しみやすいです。

炎の見え方の違いは薪ストーブの選択の上で重要なウェイトを占めているのではないでしょうか。

触媒機の燃焼イメージ写真 クリーンバーン、二次燃焼機の燃焼イメージ写真

触媒機に使用されている触媒は消耗品です。
従って数年ごとの交換が必要です。

燃費の良さを部品交換代で相殺してしまうケースもありますので、その費用も考慮しどちらにするかお選び下さい。

また欧米製の高級な薪ストーブと、ホームセンターで売っている安い薪ストーブの違いについて訊かれることもあります。

「暖房」
機能に限って言えばどちらも同じように暖かくなります。

しかし、両者には値段なりの歴然とした違いが当然あります。

高級な薪ストーブは炉内を流れる空気の経路が計算し尽くされています。

従って

  • 効率的に燃焼するため焚き付けが楽
  • 当然燃費も良く薪の消費も少ない

という特徴があります。

さらに鋳物が二重構造になっており、必要以上に輻射熱を周囲に出しませんので

  • 火災リスクが少ない
  • 家に対する防火工事が最小限で済む

など、安価なストーブと明確な違いがあります。

また、高品質な鋳物が使われておりますので、ストーブの寿命も長いです。

このようにただ値段が高いだけではありません。

そのほかにも

  • 扉の開閉の質感が良い
  • 扉やレバーの操作が気持ち良い

など「五感で感じる操作感の気持ち良さ」もも重要なポイントでしょう。

シーズン中は毎日使いますので、道具としての使い心地が良いに越したことはありません。