炎がある豊かな暮らしを、あなたに。

触媒清掃_岡本 AGNI

メンテナンス性が良い岡本のAGNI
国産薪ストーブメーカーの岡本が製造するAGNIは、伝統の鋳造技術に裏付けられた精度が高い機種です。

炉内でクリーンバーン燃焼させ、その燃え残りを更にダブル触媒でやっつけるという燃焼効率を追求したモデルです。

また触媒は取外し可能で「触媒機」→「クリーンバーン機」へと変身するユニークなモデルでもあります。
(あまりメリットは感じられませんが)

高い精度で製造されているためボルトや接着剤を必要とする箇所も少なく、写真のように分解も容易です。

今回ご紹介するのは岡本AGNIのメンテナンス「触媒の清掃」ですが、アッというまに終わってしまいます。

1.グリドルを外す
アグニのグリドル

まずは天板にある調理用の「グリドル」2つを取り外します。

ボルトで固定されていませんので手で取り外すだけです。

2.触媒を取り出し清掃する
AGNIの触媒

グリドルを取り外すといきなり触媒があります。

当然固定されておらず「載っているだけ」ですので取り出して刷毛で清掃します。

以上で触媒の清掃は完了です。

組み立ても

  1. 触媒を入れて
  2. グリドルを嵌める

だけの2アクションです。

如何でしたでしょうか。

同じ触媒機でも旧型アンコールの触媒へのアクセス作業と比べてみてください。

新型アンコールの触媒
日本でも多く普及しているバーモントキャスティングス社のアンコールですが、装着されている触媒が「消耗品」だと認識しているユーザーはどれくらいいるのでしょうか。 燃費向上

メンテナンス性が高いのも岡本の高い鋳造技術のおかげです。

長持ちさせるためには定期的なお手入れが必要な薪ストーブにとって、「メンテナンス性」はとても重要なのです。

触媒の価格

クリーンバーンとのハイブリッドモデルですが触媒を使用している以上数年に一度は交換が必要です。(触媒は車のオイル同様「消耗品」です)

AGNIは触媒をデュアルで装備しますので、交換も通常の触媒機より2倍コストがかかります。

触媒の下取り制度で交換費用を抑える

そんなAGNIには触媒の下取り制度があります。

AGNIの触媒には通常ですと定価25,000円×2つ=50,000円掛かります。

ですが岡本純正の触媒を使用している場合には古いものを一つあたり10,000円で下取りする制度があります。(他メーカーの触媒を流用出来るケースもあるので)

ですで実質的には15,000円×2=3万円の負担となります。
(機種にもよりますが他メーカーの触媒は1つ2〜3万程度)

他機種とは違いユーザーが自分でも簡単に点検、交換できますので、出張費や工賃は節約できます。

AGNI炉内の清掃
精度が高いAGNIは本体の分解も容易です。 今回は炉内の細かい部分まで清掃する分解方法をご説明いたします。 1.グリドルと天板を取り外す

ご来店前には電話・メールでのご予約をお願いいたします。 TEL 090-3594-9210 不定休/営業時間 午前10時から午後8時まで

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © かわはら薪ストーブ本舗 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.