炎がある豊かな暮らしを、あなたに。

760CB/640CBで料理

「天板を料理にフル活用したい」
という方には760CB/640CBは向かないかもしれません。

760CB/640CBは熱効率向上のため天板が二重になっているのですが、これは同時に天板の温度が上がりにくい構造であるとも言えます。

ですので760CB/640CBの場合ですと

「天板でガンガン料理する」

という訳にもいきません。

天板は広いが料理の種類は限られる

760CBの天板
「広くて料理に活用できそう」と思ってしまう天板ですが、150℃程度で使うのがメーカー指定の焚き方です。

先述したとおり二重構造のため温度も上がりにくいです。

もちろん通常使用でも

  • お湯を沸かす
  • 煮込み料理をする

くらいの温度までは上がります。

ですが、高い熱量が必要な

  • お好み焼き
  • ホットケーキ
  • 餃子
  • てんぷら

などの料理はちょっと厳しいものがあります。

料理にフル活用されたい方は700SLや他メーカーの機種を

天板での料理を重視される場合は天板に直接炎が当たり250-300℃まで温度が上がるドブレ700SLやヨツールのF3、 F400、 F500、 F600、またはピキャンのネクター(オーブン)などのクッキングストーブがお勧めです。

もちろん炉内の熾き火でやれば760CB/640CBでも料理に活用することは充分可能です。※てんぷらは危険です。
油の入った鍋を炉内に入れる
「炉内で揚げ油を加熱する」 薪ストーブユーザーでなくても一般常識をお持ちであればこの危険性は充分ご理解頂けると思います。 無いとは思いますが、決して真似はされないようお願い

リスクが大きい裏技もある

760CB/640CB警告プレート
どうしても760CB/640CBの天板でガンガン料理されたい場合には、

天板の内側のプレートを取り外してしまう

という裏技(荒業)もあります。

ちなみにこのプレートには、写真のように6ヶ国語で「取り外すな」という警告がしつこく書かれています。

英語よりもむしろ、その他の言語の方が優先して記述されています。ドブレが世界各国へ輸出していることの証明でしょう。

メーカーの警告を無視した裏業ですので、

  • 熱効率が落ちること
  • 熱の伝わり方で寿命が縮まる可能性があること(直ちに不具合がでるわけではありません)

を頭に入れつつ自己責任でチャレンジしてください。

どうしても天板を料理にフル活用されたい方は

とてもオススメは出来ませんが、プレートを取り外さなくても天板の温度を上げる方法もあります。

杉などの針葉樹をガンガン焚いて、極端な高温にすれば二重構造になっている天板でもバリバリ料理できるようになります。

しかしそこまで温度を上げてしまうと、薪ストーブから放射される灼熱に痛みと恐怖を感じ料理どころではなくなるでしょう。

まずストーブに近づくこと自体出来なくなるはずです。

当然鋳物を痛めることは確実です。

バッフルプレートの変形や破損などのリスクが飛躍的に高まり、ストーブの寿命は間違いなく短くなるでしょう。

しかし仮に部品が破損してしまっても、パーツはボルトや耐火セメントで固定されておらず炉の上部に乗っているだけですので安心です。

交換は簡単なのです。

「バッフルプレートは消耗品」だと割り切ってガンガン使うのも、アリなのでしょうか。

760CBにはクッキングプレートが存在した

永年この

「容易に取り外せるよう造られているのに“取り外しが厳禁”されている」

プレートの存在が不思議でした。

しかしベルギーのドブレ社を訪問した際にこの謎が解明しましたのでご説明いたします。

640GM/760GMという兄弟機種

日本で販売されている760CB/640CBは薪専用モデルです。

しかし760CB/640CBには「640GM/760GM」という“石炭も燃やすことができる”ハイブリッドモデルも存在していたのです。

そしてこのモデルで上部から石炭を供給する際、バッフルプレートを取り外し「石炭供給ユニット」を取り付けるのでした。

当然製造工程を一にする760CB/640CBにもこの孔はあり、

石炭を使う必要のない「薪専用モデル」は「蓋」をされていた

というのが真相です。

760CB用クッキングプレートが純正オプションで!

760CB/640CB用クッキングプレート
孔の謎は解けましたが、さらに驚きの事実も判明しました。

なんと・・・760GMにはオプションで「純正クッキングプレート」まで用意されていたのです。

これが貴重な「760用純正クッキングプレート」の写真です。

天板の温度が上がりにくいネスターマーチンの弱点をクリアするために「B-TOPモデル」というパーツを京阪エンジニアリングが開発しています。

しかしドブレ社では既にその前から760の天板温度を上げるクッキングプレートを開発・販売していたのでした。
これには驚きました。

このオプションパーツを装着すれば料理もバリバリできる無敵の薪ストーブになるでしょう。

しかし残念ながら現在のところ760用しか用意されていないようです。
どうしてもこのパーツが欲しい方は相談してください。

取り寄せは不可能ではありません。

納期や値段など細かなことは気にしないでドンと構えられる人に限ります。
以下フォームから「760用純正クッキングプレート希望」というタイトルでお問合わせください。
その他のお問い合わせ
メディアへの施工事例掲載のご依頼や補修パーツ取り寄せのご相談など、「お問い合わせ一覧」にない内容は以下からご連絡をお願いいたします。

一方残念ながら640の場合には純正オプションパーツが存在ませんので「ドブレ製」の取り寄せは出来ません。

しかし「天板を改造」することになりますが、希望があれば対応は可能です。

純正ではないので自己責任とはなりますが、天板の穴開けと加工、クッキングプレートの製作を承ります。
以下フォームから「640用クッキングプレート希望」というタイトルでお問い合わせください。
その他のお問い合わせ
メディアへの施工事例掲載のご依頼や補修パーツ取り寄せのご相談など、「お問い合わせ一覧」にない内容は以下からご連絡をお願いいたします。

炉内料理

では、760CB/640CBの炉内はどうでしょう。
料理に活用できるのでしょうか。

まずは炉内の形状をご覧ください。

ドブレのカタログだけを見ますと、バッフル板が後部に向かって下がっていますので

  • 「炉内が狭くて炉内にあまり薪が多く入らないのではないか」
  • 「ダッチオーブンで料理できないのではないか」

と思ってしまうかもしれません。

またネット上にはこういう写真を根拠にしたユーザーでない方の意見が一人歩きしているケースも多く散見されます。

ダッチオーブンも余裕で入る広さ

28cmのダッチオーブン
しかしこの写真をご覧頂ければ一目瞭然でしょう。

「高さのある五徳」に「直径28cmのダッチオーブン」を載せても楽勝です。

760CB/640CBは比較的広い火室を持ちますので幅広く料理に活用できます。

そういうわけで「炉内料理が充分できる」ので「天板の温度が低い」のはそれほどのマイナスポイントではありません。

もちろん背の高い鍋を入れるとこの湾曲に当たってしまうことがありますが。

ちなみに天板は本体の上に乗っているだけです。
先述したとおり天板を持ち上げて内部のプレートを取り除けば、天板に直接炎を当てて温度を上げることもできます。
ですがこれはメーカーでは禁止されている裏技(荒業)ですので、積極的にはお勧めすることは出来ません。

760CB/640CBで料理のまとめ

お読みいただいたように760CB/640CBでも薪ストーブ料理は充分お楽しみいただけます。

確かに天板の温度が上がりにくいのは事実ですが、炉内を活用することで充分カバー出来ると思います。

天板が使えないことよりも、使い勝手が良く精度の高い「調理器具」としてのメリットが勝っていると感じます。

760CB/640CBの構造に関しては以下で詳しく説明しておりますので是非お読み下さい。

760CBと640CB
ドブレ社のロングセラーモデル760CB/640CB。 ドブレ社他モデル同様この機種にも「考え抜かれた合理的でシンプルな設計」がなされています。 メンテナンスが必要な

また、OEM供給された760CB/640CBを安価に購入頂くことも可能です。
それについては以下をご覧ください。

セガン
私はかつてドブレの『700SL』を見てこの機種に惚れ込み薪ストーブ屋をはじめました。 https://kawahara-stove.com/maker/dovre/700sl

ご来店前には電話・メールでのご予約をお願いいたします。 TEL 090-3594-9210 不定休/営業時間 午前10時から午後8時まで

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © かわはら薪ストーブ本舗 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.