炎がある豊かな暮らしを、あなたに。

岡本AGNIの特徴

国産である岡本の薪ストーブは、簡単に分解してバラバラにすることができます。

分解でかなり軽量化しますので、搬入性に優れています。

また、簡単に分解できますのでストーブのメンテナンスをされる際にはご自身が納得いくまで確実に作業をしていただけます。

このメリットは大きいです。

他にも、ハンドルが木で出来ておりとても手触りが良いのも特徴です。

殆どの薪ストーブは鉄製レバーです。

このレバーは精度が高く動きも滑らかかつスムーズで安心感があります。

そして、空気のコントロール性が高くユーザーのわずかな操作でリニアに炎の表情が変化します。

繊細に炎をコントロールが出来ますので、オーロラ炎のコントロールも自由自在です。

他メーカーとの比較

AGNIの触媒
オーロラが売りの他メーカー製機種と比較してみましょう。

他機種でユラユラの炎を作ろうと空気を絞りすぎますと、酸欠による不完全燃焼を起こし、煙突から蒸気機関車のような白い煙がモクモク立ち上がってしまいがちです。

しかしAGNIの場合は写真をご覧のとおり二基装備している触媒が燃え残りのガスを完全燃焼させてくれます。

正しい使い方をしていれば極端に絞っても煙突から目視確認できる白い煙は出てきません。

天板の二つのグリドルで調理できるAGNI-CC

「日本にたくさんある針葉樹を安心して焚ける」という設計思想のもとに開発されただけあって、杉オンリーで焚いても何の不満も問題も出ません。触媒でゆっくり燃やしてくれるので「杉だから、すぐに燃え尽きてしまう」ということもありません。薪の材料として針葉樹が中心のユーザーには、特にお勧めの薪ストーブです。

また岡本はデザインにも力を入れており、小型ストーブのAGNI-HUTTEがグッドデザイン賞を受賞しています。

平屋住宅に設置したAGNI-hutteの施工例

以下のサイトにデザイナーの思いや審査員のコメントが綴られておりますのでぜひご一読ください。

参考グッドデザイン賞2016

クリーンバーン機としての燃焼テスト

触媒取外し
AGNIは触媒とCB(クリーンバーン)のハイブリッドモデルですが、触媒を取り外せばCB機としても使えます。

CB機能のみだとハイブリッド燃焼と燃え方にどのような違いがあるか知っておきたかったので、触媒を取り外して焚いてみました。

焚付けはいつものようにサイド扉を少し開いて空気を送ってやる必要があります。

触媒がない分排気抵抗が少ないですが、サイドローディングを閉じてしまうと酸欠状態になるのはハイブリッド時と同じです。

これは言い換えるなら
「AGNIはそれだけ気密性が高い設計になっている」
ということです。

欧米製の鋳物製の薪ストーブは板状の外装パーツをセメントやガスケットで組み合わせて立体の箱の構造に作り上げていますが、国産唯一の岡本の鋳物製の薪ストーブは、極めて高い技術力いより、なんと箱の構造を一気に鋳造しています。つまり、気密性が欧米製とは比較にならないほど良く、鋼板製並みの気密を得られる仕組みです。

燃費を犠牲にするほどのメリットは感じられない

安定燃焼
これは温度が上がってオーロラ炎が安定して出ている状態です。

CB機として焚いた印象ですが、触媒の排気抵抗がない分だけ排気の抜けが良く、ハイブリッド時より早く立ち上がりました。

炎の青い成分も触媒機として使う時よりも多く見られました。

しかしこれは厳密に比較した場合の違いです。

両者の燃え方が劇的に違うというわけでもありませんでした。

この程度の違いでしたら、純正の触媒がある状態で普通に使うのが燃費も良く無難でしょう。

料理が得意な薪ストーブ

天板の丸い蓋はメンテナンス時に活躍するだけでなく、料理の時にもクッキンググリドルとして大活躍します。直下に高温で二次燃焼する触媒が配置されているので、この部分の温度が高くなり、鍋やヤカンを置くと、速やかに沸騰します。

天板と炉内の両方で料理できる

また炉内に専用五徳をセットすることで、熾火の時の炉内調理の際に、投入するダッチオーブン、鍋、スキレットなど安定して置けるので、安全かつ楽に料理できます。

炉内調理の一例

ご来店前には電話・メールでのご予約をお願いいたします。 TEL 090-3594-9210 不定休/営業時間 午前10時から午後5時まで

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © かわはら薪ストーブ本舗 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.