薪ストーブユーザー宅の訪問(山武)

だいぶ前にヤフーオークションに出品した八街の薪情報を落札してくれた人の薪ストーブを見てきた。現場で挨拶して、その後に一度訪問しているが、その時はシーズン中でなかったため、稼動中ではなかった。そしてシーズンアウトする前にぜひともということで再訪問のタイミングを合わせた。

都内に在住していて週末だけの別荘として使用しているユニークな建物。壁抜きの煙突は二重断熱煙突が土台を介して地面から立ち上がっている。底から蓋を外して上へ突き上げるような形で掃除できるようになっている。

十分に温度が上がった状態で一次燃焼の空気の調整を変えても、あまり炎の様子は極端に変化しない。しかし二次燃焼の空気調整で大きく炎の表情が変わる。大きなガラスで綺麗な炎が楽しめる。左下のレバーは灰落としだった。それを作動して灰を落とすと空気が通り抜けるところの熾き火の色が変わって温度が上がるのが判る。それでも思ったより炎の状態が変わらないのでちょっと意外な気がした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする