薪ストーブの煙突が3本ある家(6)

今回の家に3台の薪ストーブユーザー宅訪問の最終記事は、ユニークな斧の紹介だ。

薪ストーブを見せてもらった後に、薪棚や薪のストックを見せてもらった。梨園からの剪定玉切りが積んであったので、試し割りさせてもらった。梨は初めて割ったが、太いものでも軽くてけっこうパリーンと割れた。

柄が長いので、振り下ろす際の慣性を利用して刃先の勢いをつけるタイプの斧だ。ヘッドの形状に特徴があって、刃にクサビがくっついているような形状だ。刃先が食い込んで、そのあとクサビ部分で広げて割っていく感じ。



訪問時の足跡代わりに以下の文字のリンクを「一日一回」ポチっと押してランキング投票していただくと順位に反映されるのでうれしいです。一日に何回クリックしても1回分としてしかカウントされません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする