煙突掃除はトップからやらないと・・・

よく室内側からブラシを上に向けて突っついて煙突掃除している様子をブログの記事などで見かけるけど、煤というのはトップに一番たくさん付着するので、その方法だと一番重要なところが全然掃除できないということになってしまう。基本は上からだ。
メンテナンスは毎年のことなので、屋根に上りやすい住宅の設計というのも快適な薪ストーブライフのためには重要となる。
天板部分の掃除の後に、トップ部分の煤を集めた(皮すきと刷毛が便利)
蓋の部分だけでこんなに煤が集まった
最後に煙突内にブラシを入れて煙突内を掃除する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする