焚きつけ用の細割りの薪

近所の家で物置を整理していたら不要になって燃やしてしまうという木箱があったのでもらってきた。程よく風化して良い雰囲気になっているし、形や大きさも探していたものにぴったりだった。

午前中のまだ雨が降っていない間に庭に出て杉の薪の太めのやつを薪割りして細めのを作成した。もらってきた木箱に入れて焚きつけ用の薪の準備をした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする