薪は組んで燃やせ!生木は並べて燃やせ!

乾燥した薪や廃材などは適当に組んで簡単に燃やせるけど、この時期の水分をたっぷりと含んだ生木を燃やすのは意外と手ごわい。軽く火をつけようとしてもなかなかつかないのだ。
先日、実家の庭木の剪定をしてきた。その時に出た枝を回収してきた。細いものだったので、わざわざ冬まで薪として利用するために乾燥させるまでもなく、自宅前で焚き火で処分した。
こういう生木を燃やす時には普通に薪ストーブ焚く時のように組んでしまうと、木と木の空間が広がり過ぎて熱が伝わらずに、なかなか燃えない。一定方向に並べることによって、木同士の距離が小さくなって熱が伝わりやすくなり、上手く燃えてくれる。
最近は暑くて薪ストーブに火を入れていないので、久し振りの焚き火を楽しんだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする