欠けた薪棚の補充

薪ストーブで焚いた分が歯が抜けたようになっている。この欠けた部分を補充していくサイクルで2年乾燥薪を使い続けることができるのだ。放置しないで、少しづつ確実に進めていく。
resize0558.jpg
resize0557.jpg
resize0556_20130320190725.jpg
ブログ村ランキング:オリジナルバナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする