AGNIの内装パーツの組み立て

resize2165_201512231551318cb.jpg
バッフル板の上部に、二次燃焼用の空気を通過させるパーツを置き、10ミリのボルトで固定
※このボルトがきちんとハマらない場合は、整流板の取り付けが誤っていると判断できる
resize2164_2015122315513060b.jpg
空気が流れるの部分で直接、炎に当たったり極端な高温になる場所ではないけど、念のため組み付け前にアンチシーズ(焼き付き防止剤)を塗っておくと安心
resize2163_201512231551298a1.jpg
ネジ穴にアンチシーズを塗り込める(さらにボルトのネジにも塗れば万全)
resize2162_20151223155128b07.jpg
さらに天板の下のインナープレートを装着して13ミリのボルトで固定(これも同様にアンチシーズを塗布しておくと良い)
resize2167_20151223160328992.jpg
シリアルナンバーが刻印された岡本の純正品の触媒
resize2166_20151223160328442.jpg
これをグリドルを取り外した上から置くだけ。消耗品である触媒の交換も、本体をバラすことなく簡単にできる。
resize2168_20151223160329b07.jpg
最後に、グリドルプレートを装着して、本体の組み立ては完了
精度が良く合理的な設計のため、苦労しないで分解や組み立てができる構造なので、メンテナンスの際も安心だ。またクリーンバーン&触媒のハイブリッドモデルにも関わらず、ダンパーなどの可動部分がないので故障の心配もなく、長期間に渡って安心して使うことができる。
ブログ村ランキング:オリジナルバナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする