煙突掃除しないで焚くのは危険

日中は暑いけど、朝晩は涼しくなってきて「そろそろ薪ストーブを焚きたい」という季節になってきて、シーズン直前の煙突掃除の依頼がバタバタ入ってきている。

冬になると忙しくなってきてすぐには対応できなくなるが、それでも、煙突掃除しないで焚くのは避けておいた方が良い。

煙突の中に付着した煤に薪ストーブを焚いた際の炎が引火すると、煙突内で火炎放射器のようにトップから激しい上昇気流を伴って燃えて全部燃えるまで止まらなくなる「煙道火災」の原因となる。

その際、煙突の表面温度は1000℃近くに達して隠蔽貫通部分の木部が発火して建物が燃えて火事になる。当然、煙突の断熱材もダメージを受けて使いものにならなくなる。
毎年「薪ストーブが原因で家事になった」という話を聞くが、このパターンが多い。
resize2393_20171012150948566.jpg
シーズン突入寸前の煙突掃除
resize2392_20171012150949e98.jpg
煤の量はどっさり多めで丼一杯程度だった

快適な薪ストーブライフを送るには「毎年の煙突掃除」が必要です。 掃除をしないと煙道火災のリスクがあります 使用…

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 薪よう子 より:

    炉壁はキレイな色調のタイル作りですね。
    ススは反対に多いし、色が真っ黒ではありませんがかなりこげ茶色しているので(もっと灰色だとベター)、薪の乾燥が悪いのか、二次燃焼不足気味のどちらかでしょうか?

  2. かわはら より:

    薪よう子さま:
    煤が多いのは、両方の原因だと思います。