スマホで外出先からでも操作できるハイブリッドストーブAduro Hybrid

一般的なペレットストーブはタイマーセットすれば自動的に燃焼をスタートすることができる。このタイマー操作はプリセットで「毎朝(あるいは特定曜日の)何時オンにして、何時にオフにする」のような感じのプログラム操作だ。

定住していて、常に規則正しい生活リズムの人はそれでも問題ないだろう。忙しい平日の朝は起床の1時間位前にスイッチが入り、出勤の30分位前にオフにする設定にしておけば、便利だ。

帰宅時間が一定の人も同様に帰宅時刻の30分位前にタイマーをセットしておいて、就寝時間にオフにするような設定にしておけば良い。

必ずしも帰宅時刻が一定の人ばかりではないし、また別荘の場合には、そういうタイマーのプログラム設定はあまり意味がない。かと言って、帰宅や来荘してから電源を入れたのでは、部屋が温まるまで時間がかかる。

エコレットカンパニーは全国でも数少ないペレットと薪、両方を扱っているストーブ専門店。最先端ハイブリッドストーブ、移動式無電源ペレットストーブ、クッキングストーブ、薪ストーブ、サウナストーブ、強制排気チムニーファン、アウトドアの必需品のオーブン(ガス・薪)など、ここでしか揃わないアイテムが勢揃い。商品詳細を確認。

そんな時に画期的な機能を持つハイブリッドストーブが登場した。出先からスマホで制御できる機能だ。帰宅(到着)の2時間位前に電源を入れてフルパワーで焚いておけば、帰宅(到着)時に室内が温かい状態となる。

スマホアプリで外出先からでも制御可能

スマホアプリをインストールすれば、無線LAN環境、インターネット環境がない家でも自宅内でスマホとペレットストーブが一対一で通信してくれるので、スマホをリモコン代わりに操作できる。

本体の背面にはwi-fi接続用のアンテナで無線LANでインターネット接続される

無線LAN環境、インターネット環境がある家の場合は、アプリからペレットストーブにwi-fi接続のパスワードを投入して、ペレットストーブがwi-fi経由でインターネット接続される。この設定が完了すれば、外出先からでも制御可能になる。

スタイリッシュなデザイン

かっこいい薪ストーブのようなデザインで、ペレットストーブとしてだけでなく、普通の薪ストーブとしても使用できる。その場合は電源不要なので、停電時でも使える。

燃焼室の様子

ペレットの供給量で燃焼の強さをコントロールする仕組みだ。薪ストーブとして使う時には、電源を切ってペレットの供給をストップして、普通に薪を燃やせばOKだ。

忙しい平日はペレットストーブとして使用して、休日は薪ストーブとして使用するというような使い方もできるハイブリッドストーブだ。

また、薪の焚きつけが苦手な人は、ペレットストーブとして数時間焚いて、炉内温度が上がってから、薪ストーブに切り替えるというような使い方もできる。

ペレットタンクは下部にある

↓ 画像クリック(タップ)で応援をお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする