出かける時は薪ストーブの火は消すの?

これから薪ストーブを導入する人からのよくある質問の一つに、「外出時は薪ストーブの火は消すの?」というものがある。

石油ストーブ、エアコン、電気ストーブなどと違って、薪ストーブは、そもそもスイッチで点けたり消したりできない。消すため消火器を使ったり、薪を取り出したりしたら、かえって危ない。鉄の箱の中で燃えているので、扉が閉まっていれば不在にしていても、勝手に燃え尽きて灰になってくれるので、外出時も放置が正解だ。

薪や熾火を取り出して消壺に入れたりすると、その熱の管理で火災のリスクがあるし、消火器をかけたら部屋中が大変なことになる。

出かける時はもちろんだけど、就寝前も同様に火を消す必要はない。むしろ薪をたくさん入れて、暖かさをなるべく長持ちさせるような使い方の方が現実的だ。

薪の点火

慣れてくると、外出や就寝のタイミングに合わせて、最後の薪の投入ができるような調整もできるようになってくる。

↓ 画像クリック(タップ)で応援をお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする