薪ストーブの天板でヤキイモ

この季節ならではの、最も手軽で簡単で美味しい薪ストーブ料理だ。旬の収穫したばかりのサツマイモを薪ストーブで甘くてとろけるようなヤキイモにしよう。

新聞紙で包んで水で湿らせて、さらにアルミ箔で包む。それを天板に上に乗せておいて、適当なタイミングでコロコロ転がすだけでできる。

熾き火が少なくなる消す直前のタイミングであれば炉内に入れるのもアリだけど、その方法だと匂いが判らないので焦がしてしまうリスクもあるし、ひっくり返すのも面倒だ。

天板に乗せて焼く方法は、全体が柔らかくなってきてきたことは手触りで感じることができるし、美味しそうな匂いが立ち込めてくるので完成のタイミングも判るし、初心者でも絶対に失敗しないオススメの作り方だ。






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする