8年越しに実った薪ストーブ(ドロレ デコ)

現在は岡山県で薪ストーブ設置工事中だけど、ここに来る直前に、かわはら薪ストーブ本舗の最も初期のお客様の薪ストーブ設置工事を、つい最近行った。
お客様が新築する前から、相談を受けていて「新築時には予算がない」ということで、とりあえずチムニーだけ作成しておくように伝えておいた。
家を建ててから5年が経過してから、薪ストーブ設置の予算ができたということで、設置工事の依頼を受けた。最初の数年は全然お金が溜まらずに、ついにはファイナンシャルプランナーを雇って家計の見直しをしたら、目標金額(税込み90万円)が2年で溜まったということだった。
薪ストーブ本体も、長期間が経過したので、当初から考えていたものから二転三転した。最近では新しい機種もたくさん出てきて選択肢も幅広い。お客様が選んだものは質実剛健で格安な鋼板製のカナダ製のドロレ デコという機種だった。私は初めてこのモデルに触れたけど、気密性が高く空気調整も精度良くきちんとできて、ガラスも煤けずにコストパフォーマンスが高いと思った。
ドロレデコはDLDが輸入代理店で、今回仕入れた製品以外のメーカーとしてはワムやアイアンドッグなどのユニークな製品を取り扱っている。今回もそうだったけど、かわはら薪ストーブ本舗ではお客様の希望に応じて、これまで扱ったことのないメーカーのものでも取り寄せしている。特定のメーカーに無理やり誘導して自社扱いの製品しか売らないということはしてない。
8年越しに実った薪ストーブ(ドロレ デコ)
シンプルなデザイン
resize3411.jpg
ガラスに「ドロレ(DROLET)」のレゴがプリントされている
DSC_9831_00001.jpg
ガンガン薪を追加投入して、しっかり熾火がたっぷりできるまで時間をかけてレクチャーしてきた


【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
「薪ストーブ焚いても暖かくなんだけど」という相談を受けた
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク