メインで使っているノートパソコンが壊れた!

私は、遠方での薪ストーブ設置工事に出かけるなどで、仕事柄、出張が多い。そのため、仕事に使っているPCはモバイルノートパソコンをメインにしている。IBMからlenovoに変わっても、歴代のThinkPADを使い続けている。

これまで特に問題なく順調に使ってきたけど、突然キーボードが不調になった。

[→]キーに触ってないのにで連打状態になる

予備機のデスクトップパソコンを立ち上げて、このブログを書いている時に冷静になって振り返ってみた。

もしかして、以前(半年か1年位前に)キーボードにコーヒーをこぼした?そうだったとしても、その時にはすぐにひっくり返して排水したら、その後は問題なく使い続けていたので、あまり記憶に残っていなかった。

年月の経過とともにキースイッチが腐食して、導通するようになってしまったのかもしれない。

IBMからlenovoになって、明らかに品質が落ちたのは感じるが、キーボードにコーヒーこぼしても即死しないで、半年から1年位は問題なく使えているというのは、ThinkPadはビジネス使用にも耐える堅牢なモデルということかもしれない。

見た目は問題なさそうだけど、キーボード不良だと実用にならない

作業中に選択したところから、勝手にカーソルが鬼のように後ろの方へすっ飛んでいく。ブログの記事を作成していていると、自分の意図しないところに文字入力されることになるし、写真ファイルを選択しようとしても、どんどん後ろの別のファイルの方にすっとんでいく。

また、アプリを立ち上げようと、任意のプログラムをアクティブにしようとしても、関係ない一番後ろのプログラムが選択されて起動していまうというように、どうしようもない。

作業は諦めてyoutubeの動画でも見よう、BGM再生でもしようかとしても、[→]キー連打状態なので、鬼のような早送りになってしまい、全く視聴できないという状態で、使い物にならない。

とりあえず予備機のデスクトップパソコンを立ち上げて写真アップとブログ更新できた

自分でもキーボードの交換修理できるか調べてみたけど、とてもできそうにない感じだった。修理に出したら5万円コースだということだった。

こんにちは!エンジニアのまんたろうです。 先日、自宅で使用している ThinkPad X1 Carbon 3rd (2015) の『D』ボタンが取れてしまいました。 どうやら、キートップとパンタグラフを繋げるツメが折れてしまったみたいです。。。 キートップが外れても使用できることは出来るのですが、やはり、打ちづらいです...

今使ってるのはThinkPad X1 Carbon 4th generationで、1996年のモデルだった。もう5年使っていることになる。これは修理するより、買い替えの方向で検討した方が良さそうだ。

出先でノートパソコンが使えないと、2007年から続いているブログ連日更新に差し支えがある。次の出張(多分9月に北海道)まで、時間があるので、それまでの間は予備のデスクトップパソコンを使い、何とかしのぐことにする。

とりあえずは、予備機のデスクトップパソコンで、これまでメインのノートパソコンでやってきたことと同じことができるように環境構築をこれから行う。

パソコンは友人からのお下がりで、モニターもキーボード、以前パソコンサポートをやっていた時にリプレイスした時に廃棄処分になるはずだった物で、パソコン本体はまだ問題ないけど、入出力デバイスが劣悪で、予備機と言えども使い勝手が悪過ぎる。(タイプミス連発&目が疲れる)

↓ 画像クリック(タップ)で応援をお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 薪焚亭 より:

    このコメントは管理者だけが見ることができます

    • かわはら より:

      薪焚亭さま:

      お疲れ様です。ちょうどそのタイミングでしたね。失礼しました。

      多分受信したメール一覧に表示された直後にカーソルがすっ飛んでいき、他のメールのところがアクティブになってしまい、見落としていたのだと思います。

      再送していただいたのは、確認できました。確認、ありがとうございます。