日本の国道の最高標高地点を工事の往復で経由した

北軽井沢から志賀高原へ抜けるには、草津(または嬬恋)を経由する峠道がある。ここは冬季(今年は11月15日の13時から)は閉鎖されてしまう。もう、そろそろ閉鎖の時期も近いので、今回の北軽井沢滞在時に、工事の段取りが組めて、通れてラッキーだった。

冬期間閉鎖(11月上旬~4月下旬)となる国道292号”志賀草津高原ルート”陽坂ゲート~天狗山ゲート地図 詳しくは北信建設事務所

この道は雄大な自然と景色を感じることができる。平日でも多くの車が観光に訪れている。その中を薪ストーブ工事の資材を満載したトラックで走るのは、かなり違和感がある。

日本の国道の最高標高地点で停車

何度かこの道を通っているけど、いつも狭い駐車場は満車で、停車待ちの車の行列で付近が渋滞していることもある場所だ。普段は停車しないで通過しているが、今回の志賀高原での工事からの帰り道に偶然、一台分のスペースが空いていて停めることができた。

ようやく停められた

ここからの眺め

遠くに噴煙が上がっているのが見える

草津の街並みも遠くに見える

志賀高原ビールのFresh Hop IPAを買ってきて、帰ってから薪ストーブの前で飲んだ

↓ 画像クリック(タップ)で応援をお願いします
(ランキングに参加しています)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

かわはら薪ストーブは全国
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク