煙突掃除

今シーズンに入って薪ストーブを焚きはじめてから、だいたい一ヶ月が経過したので、点検の意味合いも含めて火を落としたタイミングで煙突掃除してみた。

自作の二重煙突なので、ほとんどの部分で煤の付着はあまりなかったが、排気温度が急に下がる外側のL字部分の取り外し可能部分に近いところだけ1センチくらいの厚さで煤が付着していた。トータルとしてはコップ一杯分くらいの煤を除去した。

この部分がボトルネックになっているので、これからも定期的に一ヶ月ごとくらいに点検してやれば問題なさそう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする