新宿の薪ストーブユーザーを訪問した

東京都内でも薪ストーブを使っているユーザーがいる。これまで板橋区、江東区など東側中心に訪問していたが、今回は西側の新宿区のユーザーと知り合う機会を持てた。

チェーンソーの刃研ぎの方法が判らないということで、実際にやって見せることになった。これまでは「たまに刃研ぎをすれば良い」くらいに考えていたらしい。刃を見せてもらうとボロボロに形が崩れてしまっていて修正するのは困難な状況となっていた。一度そうなってしまうと元に戻すのは大変な労力なので一度の玉切り作業後ごとに必ず刃を研いで、新品の刃の形状を維持することがポイントだと教えてきた。

刃研ぎの講習の後は薪ストーブも見せてもらった。RC造りの大きな家だが、薪ストーブをメインの暖房にしてほとんどまかなっているそうだ。以前はアメリカに住んでいてそこで使っていた薪ストーブを引越し荷物と一緒に持ち帰って、日本では既に12年使っているそうだ。日本では60万円以上のプライスがついているこの薪ストーブも現地では20万円程度だったようだ。

赤のホーローのバーモントキャスティングのアンコールで煙突の色もお揃いでオシャレに使いこなしている。

薪ストーブとグランドピアノと真空管のオーディオシステムの広いリビングでうらやましい。






かわはら薪ストーブは全国
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク