この家の初の薪ストーブ料理は豚汁だった

寒くなってきたので、お客様とスケジュール調整して、この夏に設置した薪ストーブの取り扱い説明に行ってきた。
私の取り扱い説明は、じっくり時間をかけておこなうので、食材や調理器具があれば、その間に、薪ストーブ料理もできてしまう。今回は豚汁ができた。柔らかく美味しく甘い、野菜の味が楽しめた。その際、ある程度、塗料が焼ける煙が焼け飛んでから行うのがポイントだ。温度が低いうちから鍋を乗せると、その部分だけ塗料が焼けずにムラになる。
resize2564_20171120205105fc6.jpg
天板の温度が上がって二次燃焼に入って追加薪をしてから、天板にダッチオーブンを乗せる
resize2563_20171120205101bb9.jpg
かわはら式耐震煙突固定法を採用した現場
※詳細はこちら

resize2562_20171120205102770.jpg
いい感じで煮込んでいる
resize2561_2017112020505990a.jpg
しっかり沸騰してくれる天板
resize2560.jpg
取り扱い説明の後にいただいた豚汁
素材が柔らかくて甘くて美味しく煮えていた。このように薪ストーブで作ると素材の味が生きてくる。手間をかけずに美味しくできるので、これから薪ストーブに火が入っている時期は、ぜひとも天板を活用しよう。

ストーブにはストウブの鍋がお勧め
ブログ村ランキング:オリジナルバナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    こちらの薪ストーブの機種を知りたいです。

  2. かわはら より:

    アンビクタのスドン10です。