煙突固定下地の確認

新築現場の場合には、施主さん、工務店の担当者、設計、現場の大工さんと、どの人がキーマンなのか見極めるのが重要だ。誰か一人に情報を伝えたら、それでOKと思っていると大きな落とし穴が待っていることもある。伝言ゲームのようになって意図通り伝わっていないケースも多々ある。
しかし、今回の現場は、全ての担当者の息もぴったり合っていたし、打ち合わせ時には基本的にみんなが揃ってくれていたので、そういう心配は、なかったけど、それでも最終的にクロスが貼られる前に、現場で最後の確認をした。
全て指示通りに行なわれていて、内装工事が終わったら、安心して煙突工事、薪ストーブ設置工事ができることが確認できた。
DSC_5218.jpg
煙突開口部分の天井付近の様子(勾配天井になる)
DSC_5223.jpg
チムニー内部もケイカルを貼る前に、下地の位置、内容を目視確認
DSC_5226.jpg
「かわはら式耐震煙突固定法」用の室内壁面の石膏ボード内も釘を打って実際に指示通り下地があるかチェック済み
DSC_5222.jpg
外壁と同じサイディングで作られたチムニー

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする