薪ストーブ本体は中国製→アメリカ製/煙突は中国製→日本製へ入れ替え

「これまで中国製の鋳物の薪ストーブを使っていたけどダメージが進んできたので、アメリカ製のアンコールに入れ替えたい」という依頼がきた。現場を確認すると、煙突がシングル煙突だったので、薪ストーブだけ入れ替えるのではなく、煙突も同時に交換した方が満足度が高くなるので、その方向で提案した。

工事前の状況

中国製の鋳物の薪ストーブとシングル煙突の典型的な組み合わせ

炉台、炉壁も中国製の小型の薪ストーブに合わせたサイズで、とてもアンコールが乗らなかったので、拡張工事を事前に行っていた。

↓ 一日1クリック(タップ)で応援お願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

まずは既存のシングル煙突と、中国製の鋳物の薪ストーブを撤去して、そこに新たな煙突と薪ストーブを入れ替えた。言葉だけだと簡単だけど、煤が大量付着しているシングル煙突をばらすのは室内を汚さないように気をつけて、普通の単純な設置工事よりも大変なのだ。

入れ替え工事後の様子

アンコールと、国産の二重断熱煙突 新宮商行「SCS匠」の組み合わせ

無事に工事完了して、焚ける状態になった。

↓ 画像クリック(タップ)で応援お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする