福岡の既存ユーザー宅の訪問

天草経由で熊本まで北上して、京阪エンジニアリングの九州ショールームを訪問後、福岡県に入ったところで街道沿いに見つけたビジネスホテルにチェックインした。そのタイミングで数年前に福岡県で薪ストーブ設置工事したお客様から連絡があって、「これまで自分でメンテしてきたけど、確認したいことがある」ということで、薪ストーブ炉内の画像が送られてきた。

福岡に設置したストーブはハンターストーブの新商品「アスペクト5」
今回、福岡に設置した薪ストーブはハンターストーブの新商品「アスペクト5」だ。 この機種は、鋼鈑製で立ち上がりが早いだけでなく、縦型で炎が綺...

私のブログをチェックしてくれていたそうで、九州ツアー中に用事を伝えると邪魔してしまうと思ってくれたそうで、帰り着いたタイミングを見計らってくれていたということだった。たまたま、帰路のこれから福岡県を北上するタイミングで、本州に入る前に無理なく寄ることのできる状況だったので、翌朝、私がホテルをチェックアウトしてから、寄らせてもらうことにした。

懐かしい場所に数年ぶりに到着

十分な収容量の薪棚に、しっかり薪が詰まっていて、充実した薪ストーブライフを送っていることが推測できる。

使い込まれて、家に馴染んでいるアスペクト5

設置直後の新品の状態とは違って、実際に使い込まれて、良い感じで家に溶け込んでいた。

アスペクト5の場合は煙突を取り外す必要なく、炉内のバッフル板を取り外すことによって、煙突掃除ができるのだけど、何年に一度かダンパー部分も完璧に掃除したいという場合には、煙突を取り外す必要がある。その方法も伝授してきた。

ガスケットの摩耗

ガスケットは消耗品で数年ごとに交換の必要があるので、交換手順やコツを案内してきた。パーツ類は後日、宅急便で送ることにした。普段から自分で煙突掃除や炉内メンテをされているので、DIYでの交換作業は楽勝だと思う。

もちろん、自分でやるのが不安なユーザーは、ご依頼いただければ、遠方でも喜んで対応する

バーミキュライトの割れ

バーミキュライトもガスケットと同様に消耗品だけど、割れても機能的には問題ない。炉内に自立していることができる程度であれば、美観を気にしなければ、そのままでOKだ。気になる場合にはパーツとして取り寄せ可能と案内してきた。

今回は、たままた九州ツアーのタイミングで立ち寄ることができたので、ラッキーだった

遠方から私に薪ストーブ設置工事をご依頼いただき、数年間使っている他のユーザーも、その方面への地方ツアーの有無に関わらず、遠慮しないで点検、相談などで呼んで欲しい。

設置直後のレクチャー通りに、普段からメンテナンスして、使いこなしていると思うけど、車の車検のように、薪ストーブも何年に一度か(4-5年に一度)はプロの目線で点検した方が、長持ちすると思う。数年間使ったらこそ、出てくる疑問点というのもあると思う。

お客様から呼ばれない時に、私の方から押しかけるのは迷惑になってしまうので、こちらからのコンタクトはしてないけど、薪ストーブ設置工事の打ち合わせの時のように、打診いただければ、お互いのスケジュール調整をして訪問させていただく。実際にパーツ交換の必要が出た場合には実費が発生するけど、点検や相談だけであれば、無料で対応する。これは、私に薪ストーブ設置工事をご依頼いただいたお客様に対する感謝の気持ちだ。

↓ 画像クリック(タップ)で応援をお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする