和歌山で煙突掃除

和歌山での煙突掃除は天候に恵まれてスムーズに進んだ。けっこう屋根勾配がきつくて、アクセスの難易度が高い状況なので、雨が降ってしまうと屋根の上からの煙突掃除が困難な状況なのだ。

上手に焚いていると角トップの内部はこの位の煤の付着状況

毎年煙突掃除をやっているが、今回は特に煤の量が少なかった。かなり上手に焚けるようになったようだ。

作業の後に話を聞くと、「最初にきっちり温度を上げて焚くようにした。そしたら薪の消費量も減った」ということだった。きちんと二次燃焼する温度域で使えるようになったのだと思う。

炉内に煤を落として回収

内部を一通り点検

サラサラの煤で、量も少なくて問題ない状況だ。

地ビールセットをいただいた

宿に帰ってから、味わう

美味しくいただいた

↓ 画像クリック(タップ)で応援をお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする