ウッドデッキ(テラス)で嬬恋高原ブルワリーの地ビール

北軽井沢店に到着したので、車で15分程度の場所にある嬬恋高原ブルワリーに行ってきた。

ここでは、運転しなければ店内で樽の生ビールを飲んだり、薪で焼いたピザも食べられるが、車を運転する場合は飲むことはできない。そこで、瓶ビールを買ってきて、ウッドデッキ(テラス)で飲んだ。

嬬恋高原ブルワリーの地ビールの3本入りボックス

気になるのを3本選んで買ってきた

個人的にはIPAという種類がフルーティでホップの香りが効いていて好きなのでIPAを入れて、その他には目についた他の種類も織り交ぜてみた。複数のレシピのビールで、味や香りの違い楽しむことにした。

群馬県産のホップ、麦、そして嬬恋高原の水で醸造された美味しい地ビール

大量生産されていないので、国産大手のよくあるビールの2倍以上の値段となっているけど、個性的な味で誰でも違いは感じることができると思う。安いビールを大量に飲むのではなく、高い(けれども美味しい)ビールを半分の量を飲むという楽しみ方も良いものだ。

嬬恋高原ブルワリーの地ビールをデッキで楽しむ

群馬産の麦、ホップ、そして嬬恋の水で醸造されたビール

こうして気持ち良いウッドデッキ(テラス)で飲んでいると、夏の暑い時期に、普段はあまり飲めない、地ビールでのビアガーテンやビアフェスのようなイベントをやったら楽しいだろうと思った。車を運転する人は飲めないので、寝袋持参で泊まり前提というのが必須かもしれない。

嬬恋高原ブルワリーに行った時に聞いたところ、生ビールの樽のサーバーの貸し出しもしてくれるとのことだったけど、その場合は20Lの樽を3本繋ぐ仕様のものなので、数日間で60L消費する必要があって、それはかなりハードル高そうだ。

しかし、瓶ビールであれば少人数でも実現できるだろう。

希望者がいたら、企画してみるので、気軽に連絡して欲しい。

↓ 画像クリック(タップ)で応援をお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする