コロナで外出できずにストレス溜まっている家族に薪ストーブ体験宿泊の提案

春休み中だけど、コロナウィルスの影響で、外出できずにストレスが溜まっている子供がいる家庭も多いだろう。

例年ならば、遊園地などのレジャー施設やショッピングセンター、外食、映画などに出かけてガス抜きできただろうけど、密閉空間で不特定多数と濃厚接触して感染するリスクを考えると、慎重にならざるを得ない。

こういうご時世なのでキャンプ場が繁盛しているようだ。屋外だし、他のお客がいたとしてもある程度の距離が保てるので、感染のリスクが少なくて、なおかつアウトドアでストレス解消して過ごせるというレジャー施設だからだ。ただ寒いこの時期に屋外にテントを張っての宿泊は、それなりにハードルが高いのも事実だろう。焚き火、アウトドア用(あるいはテント内用の)薪ストーブという装備も最近では流行っているのだけど、経験なしに、いきなり家族連れで挑戦するのは、少し無謀な気もする。

かわはら薪ストーブ本舗 北軽井沢店では、事前予約制で【閉店後の店内で薪ストーブ体験宿泊】を実施している。これならば、薪ストーブで暖房の効いた屋内での宿泊なので、テントの設営や、寒空の下のアウトドアでの調理など、寒さに凍えることもなく、比較的快適に過ごせる。布団と、食材を持ってくれば、薪ストーブ料理を味わって、夜の店内で、家族だけで、日常生活から離れた、素敵な夜が過ごせると思う。

DSC_1597_00001_20200323001701da5.jpg
薪ストーブの炎を眺めながら、薪ストーブ料理を楽しめる

「これから薪ストーブを導入したい」という人は自宅に導入した場合の薪ストーブのある暮らしのイメージもつかめると思うし、「既に薪ストーブを使っている」という人は、自宅の機種とは違う薪ストーブを、心ゆくまで試すチャンスでもある。

かわはら薪ストーブ本舗 北軽井沢店はネスターマーチンの主要機種を数多く展示している東日本では唯一の店舗なので、遠方からでも来る価値はあると思う。大型機種のRH43の妖艶なオーロラの揺らぎの炎は、なかなか他では見られない特徴的なものだ。また、ネスターマーチンの各モデルの、翌朝の焚きつけ時の楽勝さも特筆すべきものがある。こういうのも体験宿泊ならでは味わえることだと思う。

北軽井沢ではGWくらいまでは、朝晩、普通に薪ストーブを焚いているので、温暖なエリア在住で「薪ストーブが恋しい」という人も歓迎する。

春休み期間中は、比較的まとまった時間を取るチャンスでもあるので、この機会を生かして、体験宿泊を有効に活用して欲しい。

宿泊料金は必要ない。無償でのサービスだ。しかし、食材、お酒、寝具などは各自持参することをお勧めするが、そこらへんは打ち合わせの上で、個別にカスタマイズして柔軟に対応する。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アバター うさぎ より:

    スィートグラスが北軽井沢店の近くにある。毎週末今年はコロナウイルストラブルで例年以上に満員だそう。あそでは色々な薪ストーブ付きのコテージ(一棟:数万円?)が楽しめますが、妖艶なネスターマーティンの炎は軽井沢ではここだけの名物らしい。

  2. アバター かわはら より:

    うさぎさま:
    まずは暖かさと気持ち良さを体験するところからはじまります。