応急処置

ガラス屋さんや薪ストーブの販売店に耐熱ガラスを注文したらいくらかかるか見積もりを取ってみる。どのくらい値段がかかるかによって今後の対応を決めようと思う。あまり高いようだったら鉄板で塞いでしまうのもアリだと思う。

どっちしても、耐熱ガラスや鉄板を入手するまでのしばらくの間は、このままで使うことになるので、マフラー補修用の耐熱アルミテープで応急処置しておいた。

ヒビ割れたガラス部分から空気が入るのと、本来の空気取り入れ口からでは炎の出方が明らかに違った。テープでふさぐ前は炎が手前から奥へなびいていたが、テープでふさいだら奥から手前へガラスをなめるような方向に炎がなびいている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする